ホームシアターの写真

■ホーム・シアター編

「ホームシアター」の構築についての記事です。
初めて購入する方にも、解りやすく解説しています。
ぜひご覧下さい。



プロジェクターの写真

■プロジェクター編

「プロジェクター」につい書いた機能や設置方法などの記事です。
購入の際に、お役立てください。



サラウンドシステムの写真

■サラウンドシステム編

「サラウンドシステム」を購入することで「臨場感」が得られます。
その訳とは・・・・・。

20万円以下で構築 ホームシアター

パナソニックから3D信号に対応した新機種発売.....気になる内容は...

◆パナソニックからホームシアター・サラウンドシステム4機種発売

2010年5月下旬発売のPanasonicラックシアターSC-HTX900/SC-HTX800は、3D映像信号の入力に対応したラック型のサラウンドシステムです。

また、HDMI規格に新たに採用されたARC(オーディオリターンチャンネル)に対応しているので、テレビとシアターをHDMIケーブル1本で接続可能。さらに配線が簡単になりました.....配線が苦手な方には魅力ですね。

ただし、2009年以前発売の光デジタル音声出力端子を搭載しているビエラと接続する際には、光デジタルケーブル(別売)が必要になります。

つまり、接続する側の製品もARC(オーディオリターンチャンネル)に対応したHDMI規格のインターフェースが必要ということです。

パナソニックのホームシアターシステムは、BD(ブルーレイ)ソフトの高音質をそのまま余すところなく再生できます。と、いうことはテレビだけでは、本格的なブルーレイは楽しめないということですね......

すでにサラウンドシステムを使用している方は、ご存知だと思いますが「サラウンドシステム」を使用すると「マルチチャンネル」「重低音」「高音質」などで、テレビに比べ「迫力」や「臨場感」がアップします。

映画などの迫るような「迫力」は、大きな映像だけでは味わえないんですね....

システムの能力はどちらも同じで、フロント(L/R):62W+62W・サブウーハー:161W、最大出力は285Wです。SC-HTX900/SC-HTX800の違いはサイズと使用されているスピーカーの仕様です。

ラックシアターは、他のAV機器も収納出来るのでテレビ周りがスッキリ収まるのが魅力です。

◆ホームシアターシステム・ラックシアター
パナソニック 
65V型まで対応 2.1chラックシアターPanasonic SC-HTX900
【SC-HTX900】
パナソニック 
54V型まで対応 2.1chラックシアターPanasonic SC-HTX800
【SC-HTX800】

⇒価格比較...


また、2010年6月発売のパナソニック・ホームシアターシステム・シアターバーSC-HTB50/SC-HTB10は、フロントスーピーカーとサラウンドシステムを本体に組み込んだ一体型のサラウンドシステムです。

形状は、SC-HTB50が幅1029mm×高さ108mm×奥行58mm、SC-HTB10が幅800mm×高さ108mm×奥行58mmと、どちらも高さが108mm奥行きが58mmで、テレビ周りにも設置しやすく、ラック型とは違い壁面設置にも対応しています。

こちらの製品も、もちろんARC(オーディオリターンチャンネル)や3D映像信号の入力に対応しています。

SC-HTB50/SC-HTB10の違いは、サイズだけでどちらも、フロント(L/R):30W+30W・サブウーハー:30W+30W、最大出力は120Wです。

SC-HTB50/SC-HTB10は、SC-HTX900/SC-HTX800に比べ性能は低くなりますが、実売価格が3万円前後とリーズナブルな価格が魅力です。 (SC-HTX900は、実売価格が20万円前後........)

★3Dで映画を楽しみたい方はもちろん、それ以外の方も迫力満点のサラウンドシステムを試してみませんか...

◆ホームシアターシステム・シアターバー
パナソニック 
サブウーハー搭載シアターバー(幅102.9mm)Panasonic SC-HTB50
【SC-HTB50】
パナソニック 
サブウーハー搭載シアターバー(幅80mm)Panasonic SC-HTB10
【SC-HTB10】

⇒価格比較...



BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
posted by saraudon at 11:24 | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20万円以下で構築 ホームシアター

この春、3D対応のサラウンドシステムが続々登場....どんな機種が?

◆3D対応のサラウンドシステムがメーカー各社から発売...

昨年は、「U23D」「ナットのスペースアドベンチャー3D」をはじめ、ジェームズ・キャメロン監督の「アバター」など、色々な3D映画が、公開されました。

そして今年は、この3Dを観るためのテレビがソニーなどから発売されます。これに合わせて3D対応のホームシアター製品も各社から発売になります。

3D対応で発売されるサラウンドシステムは、オンキョーから3月に発売された「BASE-V30HDX」と「BASE-V20HDX」「HTX-22HDX」をはじめ、ソニーからはホームシアターシステム「HT-CT350」「HT-CT150」「RHT-G15」「RHT-G11」の4機種、パナソニックからは、2010年4月に発売された「SC-ZT2-K」、東芝は4月に「TY-TVR1000HD」7月から発売の「RLS-250」「RLS-450」などがラインナップしています。

主な製品の違いは、HDMIの通信スピードが3D対応機器に準拠し、これから発売される3D対応のブルーレイやテレビなどの機器と、ストレスなく接続することが出来るという点です。

3Dは、映像のデータボリュームが大きくなるため「ブルーレイ」→「サラウンドシステム」→「テレビ」のように接続した場合に、サラウンド・システムが3Dに対応していないと当然のことながら、ブルーレイで再生されたデータを、ストレスなくテレビに送ることが出来ません..... しかし、サラウンドシステムが3Dに対応していれば、機器同士はHDMI端子を使用して簡単に接続することが出来ます。

将来的なことを考慮した場合、同然のことながら3Dに対応した製品がおすすめです。

3Dのソフト自体は、まだ先の発売になりそうですが、「オーディオリターンチャンネル」や「3D」に対応した「HDMI ver.1.4a」を搭載した機器自体はこれから増えてゆきますので、ホームシアターサラウンドシステムの購入の際は、使用目的を考えて考慮しましょう....


◆ONKYOの最新ホームシアター・サラウンドシステム

オンキヨー 
2.1chホームシアターパッケージONKYO BASE-V30HDX
【BASE-V30HDX】
オンキヨー 
2.1chホームシアターパッケージONKYO BASE-V20HDX
【BASE-V20HDX】
オンキヨー 
2.1chホームシアターパッケージONKYO HTX-22HDX
【HTX-22HDX】

◆SONYの最新ホームシアター・サラウンドシステム

ソニー 
フロントサラウンド・ホームシアターシステムSONY HT-CT350
【HT-CT350】
ソニー 
フロントサラウンド・ホームシアターシステムSONY HT-CT150
【HT-CT150】
ソニー 
60V型まで対応 3.1chシアタースタンドシステムSONY RHT-G15
【RHT-G15】
ソニー 
46V型まで対応 3.1chシアタースタンドシステムSONY RHT-G11
【RHT-G11】

◆PANASONICの最新ホームシアター・サラウンドシステム

パナソニック 
ワイヤレスシアターシステムPanasonic SC-ZT2 SC-ZT2-K
【SC-ZT2-K】

◆東芝の最新ホームシアター・サラウンドシステム

東芝 
42V型まで対応 3.1chシアターラックシステムTOSHIBA TY-TVR1000HD
【TY-TVR1000HD】

★ぜひあなたのラインナップに加えてください....

BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
posted by saraudon at 16:10 | 関連記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画鑑賞・スポーツ観戦・コンサートビデオ!会場の迫力や臨場感を楽しみましょう

「いつもご利用頂き、本当に有難うございます。これからも有用な情報をご提供できるよう頑張りますので、応援してください。皆さんのおかげで、ブログランキングで部門別ランキングベスト50にランクインいたしました。これからもよろしくお願いいたします。わーい(嬉しい顔)
ご協力お願いしますココをクリック⇒BLOG RANKING

■初めての「ホームシアター購入」ガイド

(初心者向けに解りやすく説明してます。)
● はじめに
  • 「ホーム・シアター」の構築にあたって
  • ● ホーム・シアター編
  • 「ホーム・シアター」って何でしょう?「素朴な疑問ですね」
  • 「ホーム・シアター」で、何が見れるの?「プロジェクター」に繋げる装置
  • 「ホーム・シアター」のメリットって?「映画館とドコが違うのでしょう」
  • 「ホームシアター」って安い・・?「どのくらいのお値段・・・?」
  • 「ホーム・シアター」には、何が必要?「プロジェクターと、それから・・・・」

  • ● プロジェクター編
  • 「プロジェクター」ってなに?「何が出来る?」
  • 「プロジェクター」の画素数「機種を選ぶ際に知っておくと便利」
  • 「プロジェクター」の投写方式「大きく分けて2種類あります」
  • 「プロジェクター」の投写距離「お部屋で映せる画面の大きさを確認しましょう」
  • 「プロジェクター」の配線は簡単?「コードの長さに注意しましょう」
  • 「プロジェクター」の設置方法「設置方法の色々をご紹介」
  • 「プロジェクター」は狭い部屋でも見れる?「狭い部屋でもテレビの4倍」

  • ● サラウンド・システム編
  • 「サラウンド・システム」と「ステレオ」の違い。「どこが違うのでしょう?」
  • 「ドルビー・デジタル」ってなに?「臨場感」を再現します。
  • 「サラウンド・システム」の構成「機械の構成の色々」
  • ▼ 最新の気になる情報 newz.gif
    Powered by RSSリスティング
    あしあと

    ↑矢印にお気づきですか?

    ★ 「Rankingに参加する」をクリックしてブログ名とURLを登録するとブログ名が表示されます。
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。