20万円以下で構築 ホームシアター

狭い部屋で使うプロジェクター...失敗しないためには....

◆ホームシアターを限られたスペースで楽しむには....

狭いスペースで使用する「プロジェクター」を選ぶ時には、価格だけで選ぶと大きな画面で映せない場合があるんです。あなたはご存知でしたか??

実は、プロジェクターは機種ごとに焦点距離が違うんです。狭いスペースで使用するプロジェクター選ぶ場合は、焦点距離が決めてです。もし、焦点距離が長いものを購入してしまうと大きな画面で映せない場合があります。他にも注意しなければならに事が.....

⇒続きを読む.....


BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
posted by saraudon at 14:26 | プロジェクターの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20万円以下で構築 ホームシアター

プロジェクターを画面のサイズで選ぶには・・

◆画面のサイズを決めるには・・・・

通常、大画面液晶などを見る場合の適正な視聴距離は、スクリーンの縦幅の3倍程度といわれています。

つまり、100インチ(約2.2m×1.2m)のスクリーンを見る場合は、1.2m×3=3.6mが、良いとされています。

しかし、これには個人差があるので目安でしかありません・・・・

ちなみに、当初80インチのスクリーンを使用していても、映画を見ているうちにより大きな画面で見たくなるものです・・・・

人によっては、100インチの画面を見るのに3mぐらいでも良いかも知れません。

このぐらいの距離のほうが、映画の中に入り込んでいるような感覚が味わえます。

あなたのお部屋のスペースでどれぐらいのスクリーンが設置できそうですか・・・?

実際に、メジャーで測りながら考えるとイメージしやすいですね。

スクリーンサイズが決まったら、プロジェクターの設置位置を想定しましょう。


◆ホームシアタープロジェクターを画面のサイズにあわせて選ぶ

通常ホームシアター用のプロジェクターは、データ用のプロジェクターに比べてワイドなパネルを使用しています。

データ用のパネル縦横の比率(アスペクト比)が、4:3なのに対してホームシアター用のプロジェクターのパネルは、デジタル放送などの企画に合わせて16:9のアスペクト比になっています。

プロジェクターを購入する際は、映したい画面のサイズを基にして製品を選びましょう。

投影する画面の広さとプロジェクターを設置する場所が決まれば、ある程度使用できる製品が限られてきます。

特に天吊などを行う際は、設置位置が固定されてしまうので、機種によっては画面のサイズも固定されてしまします。

サイズを変えて使用する場合はズーム機能が有るものを、選択しましょう。

また、スクリーンの真正面に設置できない場合は、左右のレンズシフト又は水平方向の台形補正が必要になります。

スクリーンからプロジェクターまでの距離が固定されてしまう場合は、機種ごとに画面サイズが、決まってしまいます。

プロジェクターを選ぶ際は、映せる画面の大きさをメーカーのホームページを利用してカタログや仕様書で予め確認しておきましょう。

ちなみに、ベンキュージャパンのホームページの様に、機種ごとのシュミレーションが出来るものもあるので利用するととても便利です。

BENQ投写シュミレーター
詳しくはクリックしてください


おすすめ情報!!

★09年5月22日にNECから超短焦点のホームシアタープロジェクターが発売されます。

◆NEC 液晶プロジェクタ NP500WSJ


【送料無料】アスペクト比16:10、
解像度WXGA液晶プロジェクター
NEC NP500WSJ
【5月22日発売予定】予約商品
詳しくはクリック


NP500WSJは、ハイビジョン対応しかも超短焦点なので100インチの画面を投映するのに、スクリーンからレンズまでおよそ1.6mで映すことができます。価格は12万円前後・・・・・・・・
⇒新製品「NEC 液晶プロジェクタ NP500WSJ」もっと詳しく......

BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
posted by saraudon at 20:10 | プロジェクターの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20万円以下で構築 ホームシアター

ホームシアタープロジェクターの選び方

◆ホームシアタープロジェクターを、お部屋の広さで選ぶ

プロジェクターは、テレビと違って購入する際に、スクリーン画面のサイズや設置スペースなどを、計画しなければなりません・・・

しかし、プロジェクターの仕様書を読んでも、とても解りにくいですよね・・?!

お部屋が広く設置スペースが限られていなければ簡単なんですけど、実際はそうは行きません。

まず、プロジェクターを設置する、あなたのお部屋の条件を考慮しなければなりません・・・

ホームシアタープロジェクターの投写距離(焦点距離)は、およそ100インチ(2.2m)を映すのに3から3.5mの距離が必要です。

お部屋が狭い(4畳半や6畳間)場合は、投射距離で投影できる画像のサイズが決まってしまいます。

より大きな画面で投影したい場合は比較的、焦点距離が短い「ベンキュー・デジタルプロジェクターMP771 」「BenQデジタルプロジェクターMP512ST 」「EPSON ドリーミオシリーズ ホームプロジェクターEMP-TWD10 」などがお勧めです。

また、家具等の配置によって設置する場所が限られている場合は、「ズーム機能」や「レンズシフト」があると設置要件に合わせて画面の位置を調整できるのでとても便利です。

また、用途に合わせて画面のサイズを変えたいときにも「ズーム機能」が役立ちます。

★プロジェクターを購入する際は、設置するお部屋の条件に、あったものを選びましょう・・



◆MITSUBISHI ホームシアタープロジェクターLVP-HC5500
MITSUBISHI ホームシアタープロジェクター
LVP-HC5500 
詳しくはクリック
★MITSUBISHI LVP-HC5500は、フルハイビジョン(1920*1080)なのに15万円前後で販売されています。通常ハイビジョンは20万円以上で販売されていますがこのスペックならブルーレイでもデジタル放送でもきれいに見ることができます。⇒「MITSUBISHI LVP-HC5500」価格を確認する....
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
posted by saraudon at 11:25 | プロジェクターの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▼ 最新の気になる情報 newz.gif
Powered by RSSリスティング
|HOME|

↑矢印にお気づきですか?
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。