20万円以下で構築 ホームシアター

みなさんは大日本印刷の「ジェットブラック」をご存知ですか・・・?

大日本印刷の「ジェットブラック」は、明るいところでも見やすいスクリーンなのです。

以前にも大日本印刷の「ジェットブラック」について、ご紹介しましたが、当時は発売されたばかりで価格が「40万円」と、購入するにはかなり高価なモノでした。

その大日本印刷の「ジェットブラック」の新製品がこの秋発売になります。
気になる価格は、今までの物に比べおよそ半額84インチのもので15万から20万円とかなり、お安くなりました。

といっても、実際のところまだまだ高根の花ですね。^^;

この秋発売される新製品は、昨年発売された製品に比べシートの形状や材料を改良、外光の吸収とプロジェクターの映像光の反射効率が上がりました。

以前の製品は明るさと視野角が相反する関係にあり、明るいところで映像がよく見えるようになる分、視野角が犠牲になりました。

しかし、今回発売されるプロジェクター用スクリーン「ジェットブラック」シリーズの新製品は、微細な特殊レンズを配置した構造で、外光を吸収し、映像光を効率良く反射する構造になりました。


★実際に販売が開始されなければ店頭販売価格はわかりませんが、
もっと、安くなれば良いですね・・・・



「ジェットブラック」⇒詳しくは.......



BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
posted by saraudon at 16:53 | スクリーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20万円以下で構築 ホームシアター

スクリーンの形状と種類【20万円以下で構築ホームシアター】

プロジェクター用スクリーン

■プロジェクターに欠かせないのがスクリーンです。

スクリーンには、どんな種類があるのでしょう?(詳しくは、続きをご覧下さい)


>>続きを読む BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
posted by saraudon at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | スクリーン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
▼ 最新の気になる情報 newz.gif
Powered by RSSリスティング
|HOME|

↑矢印にお気づきですか?
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。