20万円以下で構築 ホームシアター

「サラウンドシステム」ってどういう構成になっているのでしょう?

サラウンドシステム

■「サラウンドシステム」の構成について

「サラウンドシステム」の色々な構成について、詳しくご説明します。 (詳しくは続きをご覧下さい)




●「サラウンドシステム」には、色々な構成があります。

ココでは、「サラウンドシステム」について構成内容を説明します。
「サラウンドシステム」は、大きく分けると「アンプ部」(増幅器部分)と、「スピーカー」部分に分けられます。

■「アンプ部」

「アンプ」とは増幅器のことでDVDなどから入力された音声信号を、増幅し「スピーカー」に出力する部分です。
サラウンド効果は、このアンプにより再生されます。
「サラウンドシステム」に組み込まれている「アンプ」には、色々な物があります。
各社、それぞれの特徴を生かした構成になっているようですが、購入する側から見れば、ある程度統一されていた方が、解りやすいですね。

これからお求めになるには「ドルビーサラウンド」に対応しているのは勿論ですが、「デジタル放送」に対応した「ACC]に対応している物を選びましょう。

さて、「アンプ部」の構成ですが、「メーカー」によって、「FM」などの「チューナー」に組み込まれた「レシーバー」タイプの物や「アンプ部」単体で作られている物・「DVDプレーヤー」に組み込まれた物・ 「スピーカー部分」(主にサブウーハー部分)に組み込まれたものと「メーカー」によって様々なタイプがあります。
このため、すでに「DVDプレーヤー」などをお持ちの場合機械がダブってしまったりするので、よく確認してください。

このサイトでご紹介している物は、機能的に問題のあるものはありませんが、ご自分でお選びになる場合あまり出力の少ない物を選ぶと、「スピーカー」に余裕がないので、「サラウンド」効果があまり発揮できない場合があるので注意しましょう。

■「スピーカー」

つぎに、「スピーカーの構成」について、ご説明します。
「スピーカー」部分は、「5.1ch」・「2.1ch」・「一体型」タイプなどで構成が違います。

「5.1ch」タイプ

「アンプ」(増幅器)と6本のスピーカーで構成されています。
「ドルビーデジタル」により収録されたメディアにより「5.1ch」の効果をそのまま再現できる構成です。
また、ステレオの入力に対してもそ「ドルビーサラウンドプロロジックU」等を搭載していますので、5.1chに変更して出力することが出来ます。
このため、DVD以外でもCD・テレビ放送なども5.1chの出力を可能にします。

■「スピーカーの構成」

「アンプ部」

AVアンプ ・「レシーバー」タイプの物や「アンプ部」単体で作られている物・「DVDプレーヤー」に組み込まれた物・ 「スピーカー部分」(主にサブウーハー部分)に組み込まれたものと「メーカー」によって様々なタイプがあります。

「センタースピーカー」×1

センタースピーカー ・「センタースピーカー」は、前方に設置する物で、セリフなどきちんと聞き取りたい音を、再現します。セリフが聞き取りにくい場合はこの「スピーカー」で調整します。

「フロントスピーカー」×2

フロントスピーカー ・「フロントスピーカー」は、前方に設置する物で、映画全体の音を再生するためのスピーカーです。

「リヤトスピーカー」×2

リヤトスピーカー ・「リヤスピーカー」は、後方に配置する物で、前方から後方に抜ける音などを再現することによりより臨場感を高めるための物です。

「サブウーハー」×1

サブウーハー ・「サブウーファー」は、「.1ch」で表されている物で、重低音を再生するスピーカーです。臨場感を再現する場合にとても重要な役割をします。
以上で構成されています。

「サラウンドシステム5.1chの設置例」

サラウンドシステム5.1chの設置例
6本のスピーカーでサラウンドを満喫できます。

「2.1ch」タイプ

次に、2.1chの構成について説明いたします。
「アンプ部」に関しては、変わりませんが、「スピーカー」の構成が変わります。 サラウンドシステム2.1ch
「フロントスピーカー」×2
「サブウーハー」×1
の組み合わせで「ドルビーバーチャルスピーカー」により「5.1ch」の効果を再現します。
以上が「2.1ch」の構成内容です。

「一体型」タイプ

●一体型の「システム」とは、どういうものでしょう。

「一体型」には「スピーカーユニット+アンプ内臓サブウーハー」や「ラックに組み込まれた物」等があります。
ラックに組み込まれたタイプのフロントサラウンドシステム SHARP一体型サラウンドシステム
「ドルビーバーチャルスピーカー」で「5.1ch」の効果を再現出来ます。

■「ドルビーバーチャルスピーカー」とは

「ドルビーバーチャルスピーカー例」

ドルビーバーチャルスピーカー例
壁の反射を利用して手軽にサラウンド効果を楽しめます。

★設置スペースに合わせて選びましょう


2.1chでも「テレビ」に比べ充分楽しむことが出来ます。
しかし、本格的に楽しみたい方はやはり5.1chが、お勧めです。
ちょっと高価ですが、下のような配線や設置が簡単なワイヤレスタイプもあります。
長く使える物なので検討する価値はあると思います。
パイオニアワイヤレスサラウンドシステム5.1ch





BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
posted by saraudon at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | サラウンド・システム編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
▼ 最新の気になる情報 newz.gif
Powered by RSSリスティング
|HOME|

↑矢印にお気づきですか?
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。