20万円以下で構築 ホームシアター

「ドルビーデジタル」ってご存知でしたか?

サラウンドシステム

■「ドルビーデジタル」ってなに?

「ドルビーデジタル」とは、劇場用の音響システムのことです。詳しくは続きをご覧下さい。




■「ドルビーデジタル」って聞いたことありますか?・・・・・

「DVD」とか「CD」の再生機器などに、「ロゴ」が記載されているので、ご存知の方も多いと思います。
「ドルビー」の「ロゴ」にはいろんな種類の物が有ります。

5.1chサラウンドシステム この「ロゴ」の中で「映画DVD」や「ホームシアターシステム」に多く記載されているのが「ドルビーデジタル」の「ロゴ」です。

実は、「ドルビーデジタル」とは、劇場用音響システムのことなんです。
アメリカの「ドルビー研究所」で開発された音声圧縮方式のことで、「ドルビーデジタル」方式によるデジタル信号を使って、6つのスピーカー(5.1ch)から独立した音を出力し、前から後・右から左に音が移動し、より立体的な音響空間を再現できます。

『*(5.1ch)の「.1」は、「サブウーハー」を表します。 ほかの「スピーカー」と違い「サブウーハー」は低音域だけを専門に再現するための「スピーカー」なので、全音域が出力されません。なので全音域を再現できる「スピーカー」と区分するために、あえて「.1」で表されているそうです。』

■「ドルビー」のロゴの中には「ドルビーサラウンド」や「ドルビーサラウンドプロロジックU」という物もあります。

  • 「ドルビーサラウンド」とは、ドルビーデジタルを家庭用にした物という説も有りますが、「リアスピーカー」がモノラル再生になり4chの「サウンド」です。
  • 「ドルビーサラウンドプロロジックU」はアナログ2chのステレオ音源で、サラウンドを再現する方式です。より「ドルビーデジタル」に近い再生が可能です。

★DVDの規格は「ドルビーデジタル5.1ch」になっていますので、「劇場」により近い音が再現されます。


■さらに、「2.1ch」の「サラウンドシステム」は、「ドルビーバーチャルスピーカー」に対応しています。


ドルビーバーチャルスピーカー 「ドルビーバーチャルスピーカー」とは、前方に設置した「スピーカー」から出力された音を左右・後方の壁面に反射させることで、「5.1ch」の再生を擬似的に再現するシステムです。


★どれだけ違うか試してみましょう!

どれだけ違うかは、「サラウンドヘッドホン」を使うことで、簡単に「体感」することが出来ます。
後から迫る車の音とか、足音、バックに流れる重低音のメロディーなど、「テレビでは再現されていない音」が結構入っていることに気づきますよ。

●オマケ

「BSデジタル放送」では、高音質な音を再現するのに「ドルビーデジタル」ではなく、「AAC (Advanced Audio Coding)」という方式が採用されています。
「BSデジタル放送」を主に楽しみたい方は、「カタログ」や「仕様書」で「ACC」に対応してるか良く確認しましょう。ストレスのない再生が出来ます。





BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
posted by saraudon at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | サラウンド・システム編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
▼ 最新の気になる情報 newz.gif
Powered by RSSリスティング
|HOME|

↑矢印にお気づきですか?
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。