20万円以下で構築 ホームシアター

「ホーム・シアター」ってなに?

ホームシアターの写真

■「ホーム・シアター」ってなに?

「ホーム・シアター」って、言葉は耳にするけど内容は、よく解らないですよね・・・・。(続きをご覧下さい。)




■「ホーム・シアター」とは、直訳すると文字通り「家の映画館」という意味です。

一般的に自分の家で、DVDやテレビ放送で、「映画館」や「会場」の「迫力」や「臨場感」を、楽しめる環境を作ることさして「ホーム・シアターを構築する」と表現しています。

■ では、テレビで映画を見るのと、映画館の環境で見るのと、大きく違うところはドコなんでしょうか?

最も違うのは、やはり「迫力」と「臨場感」です。
映画館で観た「映画」を、思い出してください。
大きな「スクリーン」で、「迫力」あるシーンが映し出され、自分の周りを包み込むように再現される「サウンド」で、あたかも目の前で、「ストーリー」が繰り広げられているような「臨場感」が得られます。
実は、映画のDVDは、この「サウンド」を再現できるように「ドルビーデジタル」に対応しているんです。

「ドルビーデジタル」を、再現するには「ドルビー・デジタル」に対応した「音響設備」が必要なんです。
「ホームシアター」の構築には、視覚的な迫力を再現する「プロジェクター」や、聴覚的な臨場感を再現する「サラウンドシステム」・「サラウンド・ヘッドホン」を使います。
また、入力装置として「テレビ」・「DVDプレーヤー」などが必要です。
以上の装置を組み合わせて「映画館」に、より近い環境を作ります。
「ホームシアター」を構築すると、まさに会場や映画館にいるような迫力や臨場感を楽しめるんです。

■映画館で観た映画や会場で観たコンサートなど、後日テレビで放送されたものを見て、「もっと面白かったのに」「なんか色あせた感じがする」なんて経験はありませんか?

それは、「映画館」や「会場」の「迫力」や「臨場感」を、テレビの能力で再現することが出来ないからなんです。
特に「重低音」などは全くと言っていいほど再現されていません。
ところが「ホームシアター」で観ると、会場の臨場感が忠実に再現されるので、「あの日の感動」が甦って来ます。
今まで見ていたテレビ番組や、映画DVD、コンサートビデオが全く違った物になります。

「ぜひ、ご自身で体感してみてください!!」






BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
posted by saraudon at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ホーム・シアター編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
▼ 最新の気になる情報 newz.gif
Powered by RSSリスティング
|HOME|

↑矢印にお気づきですか?
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。