ホームシアターの写真

■ホーム・シアター編

「ホームシアター」の構築についての記事です。
初めて購入する方にも、解りやすく解説しています。
ぜひご覧下さい。



プロジェクターの写真

■プロジェクター編

「プロジェクター」につい書いた機能や設置方法などの記事です。
購入の際に、お役立てください。



サラウンドシステムの写真

■サラウンドシステム編

「サラウンドシステム」を購入することで「臨場感」が得られます。
その訳とは・・・・・。

20万円以下で構築 ホームシアター

BenQデータプロジェクタMS612STは、リーズナブルな3D対応...

◆BenQデータプロジェクタMS612ST発売

【BenQデータプロジェクタMS612ST】

ベンキュージャパンから、2010年10月上旬に3D対応のデータプロジェクタMS612STが発売されます。

この製品は、データ用のプロジェクターですがDVDの映画を見るのに、おすすめ....

画質はハイビジョンクラスなので、ブルーレイを主に使用している方には、スペックが低いのでブルーレイのフルスペックの高画質では再生できません......しかし、DVDの映画なら綺麗に写すことが出来ます。 さらに、MS612STは、DLP方式なのでリーズナブルな価格でも映像がシームレスで綺麗です。

そして見逃せないのが超短焦点というところ........比較的狭いスペースでも大画面を写すことが出来ます。ちなみにレンズからスクリーンまで2メートルあれば100インチ(幅約2.2m)超の映像を映し出すことが出来ます。

お部屋の壁に映し出された幅2.2メートルの映像を想像すればお解りの通り、40型の液晶テレビ4面以上という かなりの大画面です。

通常のプロジェクターだと100インチを投写するのに3.5m以上の距離が必要になります。しかし、MS612STの場合は短焦点なので自分のお部屋でもテレビより大きな画面が楽しめます。

また、オプションで販売されている専用の3Dメガネを使用することで3D映像も見る事が出来ます。

だから、今年話題の3D映画ソフトなどもご覧になれます.....しかし、3Dメガネがちょっと高価なので大勢で観るのは、無理が有るかもしれません....

⇒3D専用メガネ3DGS-01を検索してみる...

BenQデータプロジェクタMS612STは、DLP方式の800×600パネル、輝度2500ルーメン、サイズは312×104×244 mm、画面サイズは27型から300型まで投写可能。重量は持ち運びにも便利な2.65kg。 販売価格は、6万円前後と、とてもリーズナブルです。

⇒MS612STの販売価格をネットショップで見てみる....

★DVDの映画を、もっと楽しみたい方におすすめです。リビングから個室などの狭いスペースでも大きな映像が映せます...


▼プロジェクターを購入したら.....

プロジェクターを購入すると確かに迫力の大画面で映画を楽しむことが出来ます。でも慣れてくると映画館で見る映画と違うことに気が付きます....

実は、映画館で見る映画が迫力が有るのは、画面の大きさだけではなく、立体的な劇場用の音響設備を使用しているからなんです。

音声データはDVDやブルーレイにも記録されています.....しかし、再生するにはサラウンドシステムやマルチチャンネル再生が出来るAVアンプなどが必要になります。

サラウンド・システムをプロジェクターと同時に使用すると、映画館に近い環境で映画を見る事が出来ます。

リーズナブルな製品も多数販売されていますので、もっと映画を楽しみたい方は、ぜひお試しください....


▼リーズナブルなサラウンドシステム....



BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
posted by saraudon at 11:10 | BenQ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

20万円以下で構築 ホームシアター

3Dに対応したデータプロジェクターをNECが発売!気になる内容...

NEC DLPプロジェクタ NP216J-3D

◆3Dに対応したデータプロジェクターNEC DLP NP216J-3D

3Dに対応したデータプロジェクターNEC DLP NP216J-3Dが、2010年7月20日に発売されます。

昨年、3D映画が話題となり、今年も春以降メーカー各社から続々と3D対応製品が登場しています。そして、データプロジェクターながら3D映像対応のプロジェクターも販売されるようになりました。

4月下旬に発売された3D対応の「Acer DLPプロジェクターX1161A」よりもスペックが上になります。

もっとも「X1161A」は、「NEC DLP NP216J-3D」に比べ価格がリーズナブルなので当然のことですが、「NEC DLP NP216J-3D」は、「X1161A」が画素数が800×600なのに比べて、「NEC DLP NP216J-3D」は1,024ドット×768ライン(4:3)になっています。

もちろんDVDをご覧になる分にはどちらでも問題はないのですが、フルハイビジョンの3D対応プロジェクターも販売されそうなので今後に期待したいところですね。

多分3D映像の映像ソフトが販売されるとすれば、容量の関係でブルーレイが主流になると思われます。ブルーレイの場合は当然フルスペックのハイビジョンになりますのでDVDに比べ、奇麗な映像が期待されます。

「NEC DLP NP216J-3D」は、3D投写に高画質フレームシーケンシャル方式を採用。毎秒120コマのスピードで映像が表示されるので、フリッカー(ちらつき)の少ない映像を実現します。プロジェクターに添付されている3Dメガネは、DLP Link方式シャッターメガネを採用しています。

フレームシーケンシャル方式は、右目用の画像と左目用の画像を交互に表示する方式で、液晶シャッターメガネを使用することで3Dの映像を楽しむことが出来ます。

マニュアルズームは、(1〜1.1倍)、投写距離(レンズからスクリーンまでの距離)は100インチ(2.0×1.5m)を投写するのに、およそ4mの距離が必要です。また、ワイド画面の16:9の100インチスクリーンの場合は、4.4mほどの距離が必要になります。


NEC 3D専用メガネ NP01GL 【NEC 3D専用メガネ NP01GL】
3D(立体)映像を視聴する際に必要なメガネ。NP216J-3D専用。NP216J-3Dに添付されている3Dメガネと同等品...
質量: 83g
外形寸法: 182(W)×50(H)×169(D)mm
BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク
posted by saraudon at 11:09 | 製品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画鑑賞・スポーツ観戦・コンサートビデオ!会場の迫力や臨場感を楽しみましょう

「いつもご利用頂き、本当に有難うございます。これからも有用な情報をご提供できるよう頑張りますので、応援してください。皆さんのおかげで、ブログランキングで部門別ランキングベスト50にランクインいたしました。これからもよろしくお願いいたします。わーい(嬉しい顔)
ご協力お願いしますココをクリック⇒BLOG RANKING

■初めての「ホームシアター購入」ガイド

(初心者向けに解りやすく説明してます。)
● はじめに
  • 「ホーム・シアター」の構築にあたって
  • ● ホーム・シアター編
  • 「ホーム・シアター」って何でしょう?「素朴な疑問ですね」
  • 「ホーム・シアター」で、何が見れるの?「プロジェクター」に繋げる装置
  • 「ホーム・シアター」のメリットって?「映画館とドコが違うのでしょう」
  • 「ホームシアター」って安い・・?「どのくらいのお値段・・・?」
  • 「ホーム・シアター」には、何が必要?「プロジェクターと、それから・・・・」

  • ● プロジェクター編
  • 「プロジェクター」ってなに?「何が出来る?」
  • 「プロジェクター」の画素数「機種を選ぶ際に知っておくと便利」
  • 「プロジェクター」の投写方式「大きく分けて2種類あります」
  • 「プロジェクター」の投写距離「お部屋で映せる画面の大きさを確認しましょう」
  • 「プロジェクター」の配線は簡単?「コードの長さに注意しましょう」
  • 「プロジェクター」の設置方法「設置方法の色々をご紹介」
  • 「プロジェクター」は狭い部屋でも見れる?「狭い部屋でもテレビの4倍」

  • ● サラウンド・システム編
  • 「サラウンド・システム」と「ステレオ」の違い。「どこが違うのでしょう?」
  • 「ドルビー・デジタル」ってなに?「臨場感」を再現します。
  • 「サラウンド・システム」の構成「機械の構成の色々」
  • ▼ 最新の気になる情報 newz.gif
    Powered by RSSリスティング
    あしあと

    ↑矢印にお気づきですか?

    ★ 「Rankingに参加する」をクリックしてブログ名とURLを登録するとブログ名が表示されます。
    ×

    この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。